UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

このページをブックマークに追加

RF クラスのアナログを統合

All Programmable MPSoC に統合された
RF データ コンバーター

All Programmable MPSoC に統合された RF データ コンバーター

ザイリンクスは、数ギガ サンプル レートの RF データ コンバーターを 16nm MPSoC デバイスに統合した、業界初 All Programmable RFSoC を提供しています。このデバイスでは、個別に ADC や DAC を追加する必要がなく、また消費電力、フットプリント、チャネル集積度の要件に応じて拡張できる次世代の無線/RF 通信システムを実現できます。

価値 機能
プログラマブル システムの統合
  • 個別に ADC や DAC を追加する必要がないため、フットプリントが削減
  • 拡張性に優れているため、チャネル数を増加できる
システム性能の向上
  • 多チャネル数、高帯域幅システムが可能
  • チップ間のインターフェイスが排除され、レイテンシが削減
総消費電力が低減
  • ADC/DAC コンポーネントが不要なため、消費電力が削減
  • FPGA とアナログ回路間のインターフェイス消費電力がかからない
デザインの生産性向上
  • デジタル ドメインの RF デザインは優れた柔軟性を提供
  • JESD204B/C アナログ インターフェイス デザインが不要
  • コンポーネント数が少ないシンプルなシステム デザイン

データ コンバーターの機能

データ コンバーターは、完全プログラマブルなアナログ/デジタル サブシステムの一部で、次の機能を提供します。

  • 16nm FinFET シリコン プロセスを採用した単位ワット当たり業界最高の性能
  • デジタル ダウン コンバーター (DDC) を統合した最大 4GSPS の 12 ビット ADC
  • デジタル アップ コンバーター (DUC) を統合した最大 6.4GSPS の 14 ビット DAC
  • ダイレクト RF サンプリングで、柔軟なアナログ デザイン、高精度、低消費電力を実現

5G ワイヤレス、ケーブル ブロードバンド、次世代通信

統合されたサブシステムを利用することで、システム全体の柔軟性が向上すると同時に、厳しい消費電力要件、フットプリント制約にも対応でき、次のような幅広い分野をサポートします。

  • 5G の商業展開を可能にする高帯域幅リモート無線システムおよびバックホール システム
  • DOCSIS3.1 ケーブル ブロードバンドを可能にするリモート ノード アーキテクチャ (R-PHY)

RF サンプリング

ダイレクト RF サンプリングの場合、下図のようにコンバーターが RF 信号を直接サンプリングできるように、A/D および D/A コンバージョン プロセスがアンテナの近くに配置されます。これまではアナログ信号処理技術を使用して実装されましたが、下記の技術を使用することによって、周波数の選択やダウン コンバージョンにムーアの法則を適用できます。アナログ/RF 信号処理をデジタル ドメインに移動することによって、より柔軟でプログラマブルなソリューションが実現でき、次のような利点があります。

  • アナログ/RF 信号処理およびそれに関連する障害を排除
  • 柔軟性が向上するため、より広い帯域幅および複数の RF 周波数帯をサポートできる
  • ソフトウェア定義無線のフロント エンドが可能になる
  •  

高 IF ヘテロダイン レシーバーから ダイレクト RF サンプリング レシーバーへ

高 IF ヘテロダイン レシーバーから ダイレクト RF サンプリング レシーバーへ

開発者ゾーン

ザイリンクスは、無線システムの設計/検証、ロジック デザイン、エンベデッド SW 開発、シミュレーションのための包括的なツール フローを提供しています。ツール フローは、RF サンプリング用の IP やソフトウェア ドライバーから、 C/C++、MATLAB、Simulink を使用するデザイン入力ソリューションに至るまで幅広くカバーしています。包括的な開発フローにより、ハードウェア、ソフトウェア、およびシステム レベルでのアクセシビリティが向上します。