RT ビデオ サーバー
高チャネル密度ソリューション

eBook (無償)

今日のライブ ビデオ ストリーミング ワークロードに対応するために既存のインフラを拡張し、ストリーミング ネットワークに適応性を持たせて将来性を確保する方法を学ぶことができるザイリンクスの技術資料です。

オンデマンド ウェビナー

ザイリンクスの高チャネル密度ライブ ビデオ トランスコーディング ソリューションを活用して、最短 1 日で簡単にストリーミング処理システムを構築できることを詳しく解説しています。オンデマンド ウェビナーに登録して詳細をご覧ください。

シームレスな統合

ターンキーのソフトウェア開発キット (SDK) を使用することで、簡単にストリーミング ワークフローを構築できます。  ツール、API、および高レベルの FFmpeg フレームワークを利用して、最短一日でストリーミング システムを導入できます。 

インタラクティブな没入型コンテンツのリアルタイム ストリーミング

ライブ ストリーミング ビデオは、仕事、ヘルスケア、教育、娯楽などの場面で欠かせない存在になりました。コンテンツ制作者がリアルタイム ストリーミングの新たな利用方法を模索する一方で、ストリーミング プロバイダーは進化するニーズへの対応に追われています。CAPEX と OPEX の増加をもたらす高価なスケールアウト問題に直面しており、TCO (総所有コスト) を抑えながらリアルタイム ストリーミングを提供できるソリューションを必要としています。

ザイリンクスの RT ビデオ サーバー アプライアンスを使用することで、ストリーミング プロバイダーは、視聴者の規模にかかわらず大量のユーザー生成コンテンツ (UGC) のライブ ストリームに対応でき、さらに高密度、小フットプリントでチャネルあたりのコストを業界で最も低く抑えることができます。

柔軟に機能を入れ替えることができるアーキテクチャを使用して既に構築および設計されているため、最短一日でオンプレミスまたはクラウド上で運用を開始できます。

高い性能と効率性

  • チャネルあたりのコストは業界で最も低く、チャネル密度は最も高い
  • 単一アプライアンスで 112x1080p30 のリアルタイム トランスコードが可能
  • HEVC、AVC、ABR スケーリング
  • 128x128 から 3850x2160 までのビデオ解像度
  • C/C++ API を使用して、FFmpeg または独自フレームワークをシームレスに統合
brand-hypertech-boston

Boston 社および Hypertech 社が提供する認定済みの高チャネル密度ストリーミング アプライアンス

目的はコードの記述ではなく、コンテンツを提供すること。

ストリーミング アプリケーションの高速化をゼロから模索するのではなく、ザイリンクスのターンキー ソフトウェア開発キット (SDK) を使用して、ザイリンクス テクノロジをベースに構築されたアプライアンスのハードウェア アクセラレーション機能を活用できます。規格準拠の FFmpeg を使用して、ライブ ビデオ コンテンツをすばやくトランスコードし、わずか一日でシステムを起動して運用できます。FPGA の設計経験は必要ありません。

また、ザイリンクスのメディア アクセラレータ ライブラリの C ベース API を利用して、独自のフレームワークを統合することも可能です。

ストリーミング アプリケーションの高速化で必要なすべてのツールおよび API は、GitHub で公開しています。

インストール

インストール

ユーザー ガイド

ユーザー ガイド

チュートリアル

チュートリアル

ツール

ツール

サポート

サポート

アプリ

アプリ

SDK キット

「….ザイリンクスの FFmpeg トランスコーディングは問題なく動作しています。SDK の手順はとても分かりやすく簡単でした。- MediaMonks 社」

ザイリンクス - より低コストで高性能

ザイリンクスの Alveo U30 アクセラレータ カードは、ABR スケーリングを含むトランスコーディング パイプライン全体を管理できるため、CPU 要件が緩和され、チャネル密度を高めることができます。結果として、TCO を 80% 削減できます。

競合 - より高コストで低品質

一部のビデオ トランスコーディング ソリューションは、カード上ではデコードとエンコードのみ処理し、ABR スケーリングには非効率でコストのかかる CPU リソースを必要とします。そのため、同じワークロードを処理するのに、高価なサーバーを多数使用することになるため、結果として TCO が大幅に増加します。

u30-abr-scaler-charts-02
u30-abr-scaler-charts-01
performance

CPU より最大 5 倍高速

lowest-cost-per-image-stream

コストは 1/6

lowest-power-per-image-stream

消費電力は最大 1/5

メリットしかない

競合他社の GPU は、カード上で ABR スケーリングを実行できますが、最終的にはコアをすべて使用するようになり、チャネル密度が低下し、消費電力が増加し、データセンターに多くのサーバーを追加することになります。

ザイリンクス製品で構築したアプライアンスは、最大 56 チャネルの 1080p60 をサポートする上に、消費電力を 1/10、エリアを 1/4 まで削減できます。

業界で最も低コスト、低消費電力、小フットプリント

footprint image

Hypertech-Ciara AP320 サーバーと NVIDIA T4 サーバーの比較

ザイリンクス製品で構築したアプライアンスでのみ達成できる、省電力効果、低コスト、性能メリットをご覧ください。

項目 Xeon Bronze 3104 @ 1.7GHz Xeon W-2145 @ 3.7GHz
コア/スレッド数 6 / 6 8 / 16
価格 $223 $1,113
電源 85W 140W
CPU スケーリングを使用したビデオ トランスコーディング
ABR ラダーのスループット*
4 x ABR ラダー @ 53fps
(コア使用率 80%)
CPU コスト / ABR ラダー = $223
ABR ラダーあたりの使用 = 1.2 コア
4 x ABR ラダー @ 60fps
(コア使用率 60%)
ザイリンクス – ABR ラダーのスループット*
8 x ABR ラダー @ 60fps
(コア使用率 34%)
ABR ラダーあたりの CPU コスト = $27.87
ABR ラダーあたりの使用 = 0.75 コア
8 x ABR ラダー @ 60fps
(コア使用率 0.6%)

低品質のサーバーにさらなるコストをかけるか、60fps でエンドツーエンドの 8x ABR スケーリングを低コストで実現するのか、どちらを選ぶべきかは明確です。

あらかじめ構築および設定されている認証済みの RT サーバー ベース アプライアンスは、Value Added Reseller (VAR) パートナーから入手可能です

Boston
Boston Stream RT および RTV

Boston Stream RT および RTV

Hypertec
Ciara-Hypertech AP320

Ciara-Hypertech AP320

最新情報を入手

登録して、 ライブ ビデオ ストリーミング ソリューションに関する最新情報を入手してください。